新しい集客の形 ~合羽橋商店街の老舗はし店で香りの演出~

はし藤

人々のエコロジーへの関心が高まる中、森林整備を支援する一環として、間伐材の消費に向けた活動が活発化しています。

そんな中、合羽橋商店街の老舗はし店「はし藤」様では、杉の間伐材を使用した環境に配慮した箸の販売をしています。

それらの商品をアピールする為、この度店舗内で杉の香りを流すという新しい演出の形をご採用されました。

陳列された商品と共に、当社放香器セントPOPを配置。「スギ」の香りを放香しています。
「スギ」の香りを流すことで、お客様にも森林の大切さを感じていただけると嬉しいですね。
この秋は、木の香りが漂う店内で、お気に入りの箸をゆっくりと探す時間を作ってみてはいかがですか?

 
 
ご使用されている放香器は、こちらのセントPOPです。
セントPOPは、カートリッジと電源をセットするだけで人感センサーが反応し、タイミングよく香りを適度な範囲に放香します。
既存のディスプレイや什器などにも簡単に組み込み、香りが出る機能をプラスすることができます。
また、電源の取れない場所への設置は、別売りの乾電池ホルダーを使用して、乾電池で作動させることができます。

小型なので店頭ディスプレイの様な、さりげない演出に適した放香器です。
 

セントPOP

プロモツールでは、他にも様々なタイプの放香器や、香りのカートリッジのご用意がございます。

香りや設置のご相談など、是非お気軽にお問い合わせ下さい。
 
 

このエントリーをはてなブックマークに追加