Lady Gaga“Fame”

2012-08-01_13.28.00[1]

皆様、こんにちは。
暑い日が続き、セミが泣き出す今日この頃、
いかがお過ごしでしょうか?

 

今日はLady Gaga 初のフレグランス“Fame”についてです。
世界発売に先駆けて、東京は表参道・東急プラザにて
本日発売が開始されました。

 

私も取材の為に早めに現場へ向かったのですが、
既に時遅し…東急プラザ前は人・人・人の大行列!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

-そして待つこと2時間…チーン-

 

やっと屋内に入り、入場のスタンプを手に押してもらって
いざ、出陣!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(写真で見ると何やら怖いですね…本物はとっても可愛いスタンプです)

 

そこには、Lady Gagaの世界観溢れるフロアが!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

“Fame”に関して、様々な情報をスタッフさんに聞いてきました!

 

まず、“Fame”の名前ですが、こちらは1stアルバムの名前から取ったとの事。
Gaga初のフレグランスだから、初のアルバムと同じ名前をつけたのですね。

 

次に香水のボトルキャップについて。
香水の種類は30ml,50ml,100mlの3種類。
この中で100mlだけボトルキャップが他の物と違うのだそうです。

見た目はゴールドの、モンスターの爪をイメージしたような形なのですが、
100mlのものだけ、メタル素材で製造されていてかなり重いのだそうです。
Gagaがかなりこだわって作ったそうな(スタッフさん談)。

本体自体は卵の様な丸い楕円形のフォルム。
このデザインを見て、隙がない…と思ってしまうのは私だけでしょうか…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次です。
この香水の特徴は真っ黒な液体なのですが、
空気に触れると透明になるという技術(特許出願中)を使用したもの。
黒と言っても、べたっとした絵の具の様な色ではなく、炭の様な色。
香水に黒色をつけた商品というのは過去に例がなく、とても斬新ですね。

 

さて、肝心の匂いですが、
フルーティーフローラルで、少しフローラルの方が強く、
オーキッドとバニラ、ハニーの甘さがトップからしっかりときいています。

しかし、重すぎず、軽すぎず、繊細な部分もあり、大胆でもある
不思議な香り方をする香水。

可愛らしい女の子が顔を出したと思えば、妖艶な女性が現れる。
まったく矛盾した香りが共存していて嗅ぐ度に印象やイメージが異なります。

また、スプレーした瞬間の、すーっとする透明感とクールな感じが
クセになります。

 

香調自体はGagaにしてはインパクトが足りないかな、という感じですが、
私のお気に入りの一本になりそうです。

 

濃厚な匂いは苦手だけど、軽すぎない匂いにもチャレンジしたい、という方にも
おススメ。
(※香りの感じ方には個人差があります。ご自身の判断でお願い致します。)

 

香水の他にも、石鹸やボディーローションも同じ香りで用意がありました。
(ちなみに、ボディーローションも真っ黒な液体で、肌にすりこむと透明になるのだとか)

 

 

 

 

 

 

 

細部にまでGagaのこだわりが感じられる商品になっていると思います。

世界での発売は9月からなので、一足先にLady Gagaの世界を楽しんでみては?

 

 

どうぞ皆様がもっと生活の中で香りを楽しんで頂けますように!

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加