嗅覚疲労について

こんにちは。皆様いかがお過ごしでしょうか?
今日は何だか暑くてもう夏場の様ですね。

 

さて、今日は嗅覚疲労についてのお話です。

嗅覚疲労とは、ある匂いを嗅ぎ続けていて、匂いを感じなくなってしまうことです。

皆様は、嫌な臭いだと思っていても、いつの間にか慣れてしまい
嫌な臭いだと感じなくなった経験はありませんか?
これが嗅覚疲労です。

 

この嗅覚疲労は、早いと匂いを嗅ぎ出してから2~5分程度で起こり、
匂いを嗅ぐのを止めると同様の時間で回復するという実験結果もあります。

嗅覚疲労を起こしている最中であっても、違う匂いであれば感じる事が出来ます。

 

ちなみに、嗅盲という言葉もあり、
ある特定の匂いだけを感じない人の事をこう呼びます。

 

嗅覚は他の感覚器官に比べて疲労しやすいので、
皆様も適度に休息を挟みながら匂いを嗅いでくださいね。

 

因みに、当社が販売している全ての放香器には、
嗅覚疲労を防ぐためのインターバル設定機能が付いています。
是非一度お問い合わせ下さい。

 

どうぞ皆様がもっと生活の中で香りを楽しんで頂けます様に!

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加