水の香り(Ozone,オゾン,オゾニック)

こんにちは。皆様、いかがお過ごしでしょうか?
日中はもう暑くて半袖でも大丈夫な日が増えてきましたね。

 

暑くなると恋しくなるのがキンキンに冷やした飲料水や冷たいプール。
今日はそんな“水の香り(Ozone,オゾン,オゾニック)”についてのお話です。

 

オゾンノートとは90年代頃から登場した香調のことで、
調香師の間ではイッセイミヤケの『L’EAU D’ISSEY 』に代表される、と言われています。
この『L’EAU D’ISSEY 』ですが、イッセイミヤケはかの天才調香師ジャック・キャバリエを
自身の庭に連れていき、庭に流れる水の香りを再現してほしいと依頼した、というエピソードがあります。

 

一般的にオゾンの香りと言うとメロンの様な香りであると言われますが、
風景で例えるならば…
森の奥の少し小ぶりな、しかし水が豊かに流れる滝を切り取った様な感じ、
という所でしょうか。

日光を浴びてすくすく育った森のグリーンの香りと、
滝のまわりに発生しているであろうマイナスイオンを思いっきり吸い込んだ様な、
フレッシュな香り。
(注:市販のオゾンノートに共通する香りではありません。
 他にブレンドされている香りによって感じ方は異なります)

 

そんなOzoneノートの香りを店舗やオフィスに入れてみませんか?
プロモツールではOzoneノートの香りもご用意しております。
是非一度お問い合わせ下さい。

 

どうぞ皆様がもっと生活の中で香りを楽しんで頂けます様に!

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加