プルースト効果(香りと脳の関係)

yun_8974

皆様、ゴールデンウィークも終わりましたがいかがお過ごしでしょうか?

聞くところによると、長い方で最高9連休だったとか。

それだけお休みがあれば、日本各地はたまた世界中へ旅行が出来ますね。

 

旅行といえば、旅先などでふと懐かしい香りがして

それにまつわる昔の出来事を思い出す事はありませんか?

 

香りを嗅ぐ事により、その時の記憶や感情が蘇る事を『プルースト効果』と呼びます。

 

プルースト、とはフランスの作家のマルセル・プルーストのことで、

その半生をかけて執筆した大作『失われた時を求めて』の中で

語り手が口にしたマドレーヌの味をきっかけに幼少期の家族の思い出が蘇る事から

香りによって記憶等が蘇る事を『プルースト効果』と呼ぶようになった様です。

 

香りで記憶がフラッシュバックする事は私たちの日常においても

よくある出来事だと思います。

例えば、

・友人がいつも同じ香水をつけていて、街角でその香水の匂いがすると

その友人の事をふと思い出す

…など。

 

 

少し専門的な話になりますが、香りは

 

鼻→嗅上皮→嗅細胞(嗅毛)→嗅球→大脳辺縁系

 

の順で脳へ到達します。

 

大脳辺縁系は食欲などの本能的な行動や、喜怒哀楽などの感情を司る所です。

嗅覚はこの大脳辺縁系と直接結びついており、これは五感の中で嗅覚だけが持つ特徴です。

つまり、香りは本能的な行動や感情に直接作用する、と言い換える事が出来ます。

 

 

私たちが普段何気なく嗅いで楽しんでいる香りですが、

香りと人間の記憶、情動には密接な関係があったのですね。

 

 

どうぞ皆様がもっと生活の中で香りを楽しんで頂けます様に!

 

このエントリーをはてなブックマークに追加