香りのおもてなし~HCJ2013出展報告~

ブースの様子

まだまだ寒い日が続きますが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

2月19日(月)~22日(金)まで、東京ビッグサイトにて行われていた「HCJ2013」に当社の「香り事業」が出展いたしました。
HCJ2013とは「国際ホテル・レストラン・ショー」、「フード・ケータリングショー」、「厨房設備機器展」の合同展示会です。

今回当社では「香りのおもてなし」をテーマにブースを展開、実際に放香器から香りを流し、訪れるお客様に香りを体感していただきました。

ブースにはピンクのピオニーの花を飾ったのですが、そのピオニーは実は造花なんです。
造花のピオニーの近くに設置した小型放香器「セントPOP」から、ピオニーの花の香りを流しています。
まるで本物の花の様に感じていただくための演出ですね。
この様にさりげない演出が得意な「セントPOP」は、コンパクトなので什器の中に組み込んで、外部から見えない形での放香も可能です。
人感センサー搭載で、人が前を通った時にのみ反応して放香する機能も、ご興味をいただきました。

普段「セントPOP」をお使いいただいているお客様が驚かれていたのは、「セントWAVE」のパワーです。
セントWAVE」は、香りをファンで遠くまで放つことが可能なので、ホテルのロビーや結婚式場など広い場所での放香が可能です。

また、オリジナルの香りで放香したいお客様には、「セントMIST」をオススメしています。
香りは当社の専属調香師がお作りしますので、様々なご希望に対応可能です。

今回当社のブースは、メインの通りからでは見つけることが難しい場所にあり、お客様に気がついていただけないのではないかという心配がありました。
しかし、香りを嗅いだお客様が「この香りはどこからするのか?」と香りにつられてブースを訪れて下さる場合がとても多かったのです。
改めて香りの集客力を実感する事ができました。
おかげで来場者数にも恵まれ、多くのお客様に香りの効果をお伝えする事ができました。

展示会でご紹介した放香器の他にも、当社では目的に合わせた豊富な香りツールのご用意があります。

お客様のご希望に合わせた香りのご提案をさせていただきますので、是非一度お問い合わせ下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加